2009-05-25 12:38 | カテゴリ:めいの病気
    体重 2,10キロ
    体温 36,6度

    血管が細すぎ両前足後ろ足どれも入らず
    血管点滴断念
    皮下点滴増量
    抗生物質注射

    舌の炎症がすすみ
    壊死状態

    ===

    昨日載せた写真は舌の炎症が始まる前の様子です

    次の日あたりから舌を変に動かし始め
    その後は口の横からだらりと
    垂れた状態でした


    壊死と聞き
    診察室で涙が止まりませんでした
    そんな顔をめいに見せてしまったために
    点滴が入らなかったとしたら
    わたしは保護者失格です


    先生のお話では
    貧血がすすみ回す血液が少ないと
    まず生命維持に必要なところから優先して
    血液を送るため
    命に差し障りのない部位が壊死することはあるそうです

    もちろん正常なら起こらないことです


    そして今日
    帰りのキャリーバッグの中で
    お漏らししてました

    診察台の上でも体温を計られて刺激されたのか
    うんちをしました


    今日までどんなにふらついてもトイレ以外ではしなかったのに

    ふらふらとトイレにいき
    し終わるとその場で倒れ込むことはあっても



    ===

    こんなことを書けば
    みなさんにご心配をおかけするので
    よそうかと思ったのですが
    めいのことをしっかり記録しておかなければと思い
    書きました


    ご心配おかけして申し訳ありません
    スポンサーサイト

    管理者のみに表示する

    トラックバックURL
    →http://maygenki.blog116.fc2.com/tb.php/304-40e77e9a